激震する世界はどこへ 2020年12月

皆さんお元気ですか、朝比奈です。202012.png

米国大統領選挙は稀にみる混乱を呈し、大手マスコミは日欧米ともにバイデン勝利を喧伝してきましたが、11月末から流れが明らかに変化しつつあるようです。シドニー・パウエルという女弁護士の動向が話題をさらっている現状ですが、トランプ陣営は様々な疑惑にまみれている今回の投票を無効とし、州議会なり連邦議会なりでの決定によって選挙人or大統領・副大統領を直接選ぶという、南北戦争以来の合衆国憲法の規定に準拠する方向へ舵を切った模様です。こうなると、各州で多数を占める共和党が圧倒的に有利となり、次期大統領はYES/NOの結果通りトランプが就任する形になると予想されます。現在のアメリカは先日発令された緊急事態宣言等により事実上の戒厳令状態なのであり、トランプは軍の最高責任者の首をすげ替え女弁護士は軍事法廷における国家反逆罪の容疑者を訴追できる形となっている。ほぼこれでFBI・CIAの動きも封じられ、特殊部隊の押収したドイツのサーバー内の証拠により、多数の「泥沼の鰐たち」が一掃される方向が見えてきたといえます。この後民主党下の極左暴力勢力がどの程度抵抗するかにより、プラウド・ボーイズやミリシアといった保守勢力との騒乱の模様が放映され、米国内戦状態ということで各国も対応せざるを得なくなる形に。

で、問題なのは我が国のメディアで、米大手マスコミが既に軸足を移さざるを得ないほどパニクっているのにも拘らず、相変わらずのんびりと週遅れのニュースを流している。さらに新型コロナについてもフェイクなPCR検査の結果で国民を脅すだけで、ビルゲイツのワクチンの副作用など完全にスルーしている状態。そしてそれを支える異様に従順でおとなしい国民はいったい何なのかと思ってしまうのですが、残念ながらこれがこの国の実態。芸術性は言うに及ばず科学性や学問性までも放棄した先に来るのが西日本大震災で、どうやら最初の揺れは12月後半ひょっとして冬至頃かと予想されます。巨大地震は明治以来の薩長皇国史観を揺さぶり、竹中平蔵の野望=淡路島パソナ島を打ち砕き、伊方の放射能汚染で2011年以来発令されっぱなしの原子力緊急事態宣言の意味を呆けた国民に知らしめる形になるのではないか。米本国もごたごたで手が付けられない状況下に中国艦船の尖閣侵入は日常茶飯、オリンピックの幻などで再酩酊している支配層には、苛酷な冬となるのではないかと考えております。

では、来月またお目にかかりましょう。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか