発熱した高齢者

「ニュースレターの力」

御用テレビ各局は相変わらずコロナ拡大路線を報じ、
東京をはじめとした大都市の感染者数が急増し、
過去最多の状態で医療体制もひっ迫しているとあおっている。
そしてこれまでゼロだった岩手県も感染者が出て、
ようやく牙城が陥落したような嬉しそうな感じだった。
若い世代からは何となく疑問の声が出始めているというのに、
情報速報ドットコムの管理人などは、
アホみたいな危機感を募らせている。

7月29日夕方に岩手県と盛岡市は共同臨時記者会見を行い、県内に住む30代と40代の男性2人が新型コロナウイルスに感染したと発表。
その内の1人は盛岡市に住む40代の男性で、今月22日に関東地方のキャンプ場で友人3人と同じテントで過ごし、28日になって友人1人が新型コロナウイルスに感染していたことが発覚しました。
友人の感染報告を受けてPCR検査を受けたところ、感染が判明した形で、現在は指定の医療機関に入院となっています。
現時点で職場関係者以外の接触はおらず、明日以降に対象者のPCR検査をする予定です。
もう1人は宮古市に住む30代の男性で、民間検査で感染が分かった人物と報告されています。
今まで感染者が1人も居なかった地域だけに、岩手県の感染発表はメディアでも大々的に報道されていました。
一方で、日本全体の感染者数も増加傾向が見られ、JX通信社のまとめだと全国の感染者数は1264人に増えたとのことです。1日1200人を超えるのは初で、依然として感染者数の増加傾向が続いています

ということなのですが、
PCR検査の問題点については全く理解が及んでいない。

なぜ知的劣化がこのように進むのかと考えると、
同じ記事の中にスピリチュアル系のいかがわしいものが。
「新型コロナウイルスを予言?1990年の番組「ワンダーゾーン」、未来の東京に人が居ないと言及 催眠療法で移動?」というのですが、

1992年4月13日から日本テレビで放送されていた番組「ワンダーゾーン」、そこには新型コロナウイルスを予言したと思われる描写があることを皆さんはご存知だろうか?
問題のシーンは催眠療法を活用して30年後の東京を見に行った場面です。
アナウンサーの日戸愛さんが催眠療法に挑戦したところ、驚くべきことに人が少ない東京の街が広がっていたと証言。
ネット上だと番組のキャプチャー画像や映像が残っており、実際に「なんかどうしても東京にあんまり人がいないっていうイメージが出てくる・・・」などと発言していたことが確認できます。
かつては東日本大震災や福島原発事故を予言したとも言われていましたが、現在の情勢を考慮してみると、「新型コロナウイルスによって大打撃を受けた後の東京なのでは?」と考察することが出来ます。
それこそ新型コロナウイルスの第二波が冬に到来したり、来年以降も長引いた世界だと考えれば、本当に日戸さんが証言した通りの世界になっても不思議ではないです。

TVのオカルト番組など何とでも解釈できるのであり、
こうした没知的な体質がすべてを劣化させていくのだと思われます。

で、ここまで書いてきたころ茨城の高齢女性から電話があり、
4・5日前から 37度 5分の発熱があり、
最初近所のかかりつけ医に行ったところ、
発熱外来に行って下さいと言われたとのこと。
で、商売をやっているのでもしコロナだなどと言われたら、
だれもお客が来なくなってしまうということで、
その日は行くのをやめたとのこと。
で、その後も熱が下がらずすこしだるい感じが続くので、
やはり「コロナでは」という感じがするので、
大きな病院に行くべきかどうかという質問。
それで新型コロナというものの細かいからくりは別として、
PCR検査については先月のニュースに書いておいたので、
この検査を受けるとかなり多くの人々が偽陽性となってしまう。
PCR検査の開発者でノーベル賞をもらった科学者が、
最後までこの検査を感染症の診断に用いてはならない、
と言っていたのだが去年の八月に原因不明の死去を遂げた、
このことは先月のニュースレターに書いておいたが、
やはり医療製薬資本ないしは国際金融資本に殺された、
と考えた方がつじつまが合うと話しをしました。
そしてあまり大きな話しになると戸惑ってしまうと思い、
とりあえずコロナの病原性や感染力は現状ではかなり低いこと、
また死亡者が春先から数えて全国で 1000人強ということは、
ほかの病気と比べて決して多いとは言えないと話しました。
例えば昔の結核だの腸チフスだのと比べてもらえばよくわかる、
そして日本ではさほどひどくはないが、
アメリカやヨーロッパでは、
死因がコロナとなると病院へ多額の金が入り、
気管内挿管ををすればさらに 4倍のカネが入るため、
どんな病人でも皆コロナで死んだことにしてしまうのだと云いました。
だから、ちょっと具合が悪いからといって今医療機関など行ったら、
PCR検査で陽性となれば、
あっという間に殺されてしまいますよとお話ししました。
大体、下痢をするというのは腹の中の悪いものだすためであり、
それを止める現代医学のやり方は正しいのですか?
熱が出るのは体内の微生物を殺すためであり、
その時に解熱剤をのんだりするのはおかしくないですか?
まぁ、多少だるいかもしれませんが、
食欲も落ちてないし動くこともできるのですから、
少し休んでうまいものを食べぐっすり寝ることです。
そして引き続き放射能に注意してやって下さい
ということまで話したら、
よくわかってもらえたようです。
目の前に先月のニュースレターがあったようで、
具合の悪い多くの高齢者も、
このかた同様の対処をしていけばいいのにと思われました。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA