福島でのがん多発が実証された

「何でこうなってしまった?」

昨日の東海アマの記事によると、
「福島県被曝地における発癌激増」が数字的に実証されたとのこと。
週刊金曜日『もはや疑えない福島での「がん多発」明石昇二郎|2020年9月10日』
がベースになっている。

本誌2019年6月7日号掲載の「福島県、『最短潜伏期間』過ぎた胃がんで『有意な多発』」記事から1年。
この間、全国がん登録事業は、国立がん研究センターから厚生労働省へと引き継がれ、データ公表までの時間が大幅にスピードアップ。16年と17年のデータが相次いで公表されていた。
全国がん登録のデータは、それまではがん患者が亡くならない限り明らかになることのなかった「がん患者多発」の傾向を、がんの発生段階で把握することで異変をいち早く掴み、治療や原因究明に役立てるためのものである。しかし現状は、その力を十分発揮できるまでには至っていない。
代表的な発がん性物質として知られる放射性物質を大量に撒き散らした結果、原発事故の国際評価尺度(INES)で過去最悪の「レベル7」と認定され、環境をおびただしく汚染した東京電力(東電)福島第一原発事故では、被曝による健康被害を受けた人は一人もいないことにされている。
ありえないことであり、実態を把握しようとしていないだけの話である。健康被害はがんばかりではないと思われるが、まずは全国がん登録データの出番だろう。積極的に活用していきたいものだ。
全国がん登録のデータは2015年分まで、国立がん研究センターがまとめており、データの公表も同センターのホームページ上で行なわれてきた。それが、16年分以降の全国がん登録データからは厚生労働省が担当し、政府統計ポータルサイトで公表されることになった。今年8月現在、17年分のデータまで公表されている。
――(中略)――
そこで、本誌昨年6月7日号掲載の拙稿(東京電力福島第一原発事故と「全国がん登録」 福島県、「最短潜伏期間」過ぎた胃がんで「有意な多発」)に引き続き、16年と17年のデータをもとに、「全国胃がん年齢階級別罹患率」と福島県の同罹患率を比較してみることにした。
男女ともにさまざまな年齢層で、全国平均を上回っている年齢階級が散見される。
次に、全国と同じ割合で福島県でも胃がんが発生していると仮定して、実際の罹患数と比較してみる検証を行なった。疫学の手法で「標準化罹患率比」(略称SIR、standardized incidence ratioを計算する方法だ。全国平均を100として、それより高ければ全国平均以上、低ければ全国平均以下を意味する。
福島県の胃がんについて、08年から17年までのSIRを計算してみた結果は、次のとおり。
【胃がん】福島県罹患数 SIR
08年男 1279   88・3
09年男 1366   94・1
10年男 1500  101・1
11年男 1391   92・2
12年男 1672  110・6
13年男 1659  110・9
14年男 1711  119・3
15年男 1654  116・6
16年男 1758  116・3
17年男 1737  120・0
08年女  602   86・6
09年女  640   94・2
10年女  700  100・9
11年女  736  100・9
12年女  774  109・2
13年女  767  109・9
14年女  729  109・0
15年女  769  120・3
16年女  957  139・4
17年女  778  119・6
国立がん研究センターでは、SIRが110を超えると「がん発症率が高い県」と捉えている。福島県における胃がんのSIRは11年以降、男女とも全国平均を上回る高い値で推移しており、特に16年の女性では139・4というひときわ高い値を記録している。
――(中略)――
胃がん以外にも、甲状腺がん、前立腺がん、胆のう・胆管がんなどについての詳細な記事は9月11日発売の『週刊金曜日』9月11日号に掲載される。

東海アマによれば、

私は、事故直後から、「大人の放射線誘発癌の潜伏期間は、10~40年であるので、2011年に起きた放射能環境汚染事故の本当の結果が出てくるのは、2021年頃だと、何度も書いてきた。
白血病と子供の甲状腺癌は、早く出現するが、次に出てくるのは、乳癌・前立腺癌・膀胱癌・膵臓癌であり、それから胃癌・骨癌・腎臓癌・肺癌などが続く。
もちろん、事故直後から、癌ではなく、心不全など循環器系疾患の大規模な発症があることは被曝被害の常識だが、遺伝子破壊放射能の大本命は、癌である。
乳癌の場合は、10年という潜伏期間を経ると、雪崩を打ったように、突然、激発することが分かっている。
以下は1986年のチェルノブイリ事故で、1996年に日本の乳癌が突如、激増した様相である。

とのことで、がんの多発はこれによれば 2021年以降が本番。

東海アマはさらに続けて次のように書いている。

何度も何度も書いてきたとおり、フクイチ事故から10年を経た来年、2021年は、日本は確実に発癌地獄に放りこまれる。
ありとあらゆる発癌が、人々を蝕むだろう。被曝後、出生した数十万人の子供たちの深刻な知的遅滞も明らかにされるだろう。これまで、日本政府や電力、産業の無害宣伝に欺されてきて被曝の恐ろしさに気付かなかった人々も、自分の肉体を通じて思い知ることになるだろう。
そもそも、東電も政府も、2011年3月の被曝によって、急性死亡した人々が、数千名もいることを隠し通してきて、「これまでフクイチ事故で死んだ人は一人もいません」という唾棄すべき悪辣なデマで、日本国民を洗脳してきた。
――(中略)――
こうしてみると、もう日本中が核汚染の前に風前の灯火であることが分かるだろう。
我々は、日本人の被曝による滅亡を見ながら、同時に死んでゆかねばならない。
なんで、こうなってしまった!

ということなのですが、
こうなってしまった原因がたまたま先週末に分かりました
ので、明日書いてみたいと思っております。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA