体制側の情報しか入らない

「野党と国民の負け」

一昨日東京の緑のタヌキが感染隠蔽の態度をガラッと変え、
感染者急増 =オーバーシュートを叫びたてたころから、
安倍や菅も緊急事態宣言を出す準備ができたとか、
何やら戒厳令の布石と言えるような報道になってきた。
緑のタヌキは東京五輪のマージンがはいってこなくなったので、
一都4県を封鎖して何かしたい感じなのですが、
考えられんのはビルゲイツの開発していた、
ワクチンの強制接種や新コロ治療薬の強制投与による、
膨大な医療利権かも知れない。
どこのテレビを見ても明確な方向性は分からず、
あるチャンネルではこんな人まで出ていた。
この顔地震とか豪雨の時などに見かける顔で、
彼らが思っていることはかなり奥ふかいのではないか、
とうかがわせるような状況だった。

で、ネット上を見渡してみても情報らしい情報がなく、
具体的にこの世相で商売をしている身としては、
明日の物流がどうなるのか、
1週間 2週間先の景気はどうなのか、
消費者は何を考えているのかなど具体的な情報が欲しいのですが、
それに役立つようなものはやはりつかめない。
山本太郎は「 金を刷れ、皆に配れ!」と言っているのですが、
具体的に政権に就いているわけではないので、
一人一人の国民や個別の世帯に対してどのぐらいの給付があるのかもつかめない。
お魚券お肉券などは論外として、
具体的な内容の見通しが全く立たないのが現在の状態。
ネット上の論者は、

という論を展開してそれ自体は正論なのですが、
中小企業や自営業者にとっては特に役に立つ訳ではない。
また、最近よくテレビに出て現在は干されている論者も、

との発言でこれ自体は極めて正しいと思われる。
しかし、これではビジネスにならない、
やるんなら銃と武器を用意してやるべきではないのか。

例えば飲食やサービスやの現場でやっている人々は、
果たして現在の状況で新型コロナの白黒をつけることを望んでいるのか、
あるいはグレーゾーンを拡大して、
重症者だけを治療隔離することを望んでいるのか、
どちらなのかを聞いてみれば結果ははっきりする。
つまり、新型コロナは現在までのところを見ると、
さほどの強毒性はなく感染力も一般的な伝染病と比べて、
むちゃくちゃに広がるというものではないことが判明した。
だとすると、
おそらく日中韓 3カ国の間で合意がひそかになされていることですが、
経済を最低限まわしながらやっていかないと、
トランプなども言うとおり自殺したりする人も今後出てくるのではないか。
田中宇氏が言うように、
コロナウイルスと共存しながらいくのが無難
ということではないでしょうか。
非常事態宣言だとか封鎖だとか、
とにかく安倍だの小池だのがほえまくっているわけですが、
まあとにかく野党の顔が全く見えないし、
国民もこんな状態を許してしまっているわけで、
この国も GHQに完全に骨抜きにされてしまったわけです。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA