ワクチンマフィアの終わり

「日本にいるとボーっとしてしまうが」

いっさくじつから私の町の上空をヘリが何機も飛び交い、
これまで飛んでいた消防のドクターヘリのようなものとは違って、
真っ黒い機体で双発機が一機と単発機が一機
近くに陸上自衛隊の基地があるので、
詳しくは分からないが自衛隊のヘリだと思われる。
それで Twitter などの情報によれば、
横田基地周辺を始め全国各地で同様の事例が見られるとのこと。

さらに昨日あたりはスマートフォンや通信機器の障害も報告され、
米国だけでなく国内でもそうしたことが発生しているとのこと。
さらに昨日あたりはスマートフォンや通信機器の障害も報告され、
米国だけでなく国内でもそうしたことが発生しているとのこと。
情報速報ドットコムの記事などは分析が甘くて背景が見えないのですが、
Twitter で見つけた記事が本当のことを言っているのではないかと。

それで昨日出たベンジャミンフルフォードの、
「バイデン政権がデフォルトに陥り、10月18日までの猶予が与えられ、大混乱に陥る」
ちう表題で、
いつもながら隠語が多くてなかなか読解が大変なのですが、
要するに DS が最後の悪あがきに出ているのではないかと言うこと。
私たちにわかる日本国内の生地を貼り付けると以下のようになる。

このような状況の中で、ホワイト・ドラゴン・ソサエティは、バイデンの犯罪者を排除した後、ホワイトハットが米国政府の機能部分を引き継ぐための資金を確実に受け取るために、東京での会議を呼びかけている。この会議は、英国連邦、バチカン(P3フリーメーソン)、ロシア(FSB)、アジアの秘密結社の支持を得ています。この会議は、P3フリーメーソンの推薦により、「バイデン」たちが提案したリヒテンシュタインではなく、東京で開催されることになりました。
また、ハザリアン・マフィアに圧力をかけ続けるために、ホワイト・ドラゴン・ソサエティの代表は先週、日本の裏社会のトップ・アサシンの一人であるミスターKと会談した。K氏は、情報を得るために人の指を一本ずつ切り落とすことで知られています。同僚によると、K氏は情報を得るために人の指を1本ずつ切り落とし、死体を鉛で包んで海に捨てることで知られているという。いずれにしても、K氏が所属していたブラック・ドラゴン・ソサエティという派閥は、WDSと提携することになったという。
その後、WDSはK氏に日本国内のハザリアン・マフィアのトップ・エージェントのリストを渡した。K氏は、部下と一緒に “この件を調べる “と約束した。
また、WDSは先週、日本の裏社会の他の派閥を動員する能力を持つ右翼団体と会合を持った。これで日本のワクチンマフィアは絶望的になった。
岸田文雄氏が首相に選ばれたのも、この変化の一環です。私たちは、高市早苗の忠誠心についてハザリアン・マフィアを混乱させるために、意図的に高市早苗を総理大臣として支持しているように見えたことを明らかにすることができます。高市氏は、安倍晋三元首相の犯罪を隠蔽するために選ばれたはずでした。これには、東京オリンピックの汚職や、獣医学部に偽装した生物兵器研究所の創設などが含まれていた。

日本国内も鈍い動きながら緊急事態宣言を解除して、
結論的に緊急事態を前提とした治験中のワクチンなどはできなくなるわけで、
厚生労働省の対応などもだいぶ変わってきたとのこと。
さらに発足したばかりの岸田内閣などというのは、
バックに安倍と麻生がいる傀儡政権であり、
基本的には半島勢がこの国の全面に堂々と出てきた形になる。
ただし例の小池百合子が再び国政政党を結成すると言っていますので、
岸田内閣は極短命に終わり自民党の分裂を経て、
より半島的な形態を整えていくのかもしれない。
いずれにしろ寝ぼけ眼の日本国民というものが変わらなければ、
今回のワクチンで相当数の命が失われ穴埋めに半島勢大陸勢が堂々と入ってくる
という形になるわけです。
あと北朝鮮と韓国がひょっとしたら近々統一されるかもしれないので、
また弾道ミサイルで日本を脅しながら事がなされるのかも しれません。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか