各国DS連中も支離滅裂

「米日中どこから先に破綻するか」

支離滅裂のアメリカバイデン政権を見ていてもわかりますが、
CDC とかの政府機関などはもう完全に支離滅裂で、
昨日のナチュラルニュース・マイクアダムスの表題は、
「 薬理学、精神医学、ワクチン科学、出版された研究の大多数は完全な詐欺です」
となっている。

それに負けず劣らず支離滅裂なのが我が国の件原子力政策で、
福島第一の汚染水などはどうやら海洋放出を決めたようですが、
これは周辺各国の反対で多分実現することはないのではないか。
だって、藤原直哉が指摘するように、

1997年にできるはずだった再処理工場の完成延期は26回目と、もはや驚きすらない。政府が原子力政策の柱とする核燃料サイクルの要は未稼働にもかかわらず、原燃の経営は揺るがない。原発を持つ電力各社が電気代から拠出する資金を元に、安定した収入を得ているからだ。「うちは利益なんか意識しなくていい」と原燃の関係者は明かす。主力工場が完成せぬまま、経営を続けられる民間企業が他にあるだろうか。
と言うデタラメぶり。

日本国民は大人しいというのか阿呆だというのか、
とにかくお上の言うこと疑いもしませんが、
お隣の中国では不動産バブルがはじけた関係で、
払い戻しが滞る金融機関が出始めて、
それに対して一般大衆はローンの支払いをやめたとのこと。

ねずみ講が逆転したときに何が起こるかという厄介なケーススタディで、不動産業界の何百人もの請負業者は、China Evergrande Groupを含む開発者がまだ彼らにお金を借りているため、もはや自分の請求書を支払う余裕がないと不平を言った、とCaixinは火曜日にサプライヤーから受け取った声明を引用して報告した。
立場をとって未完成の不動産の支払いを拒否する住宅購入者と同様に、中小企業やサプライヤーのグループは、Evergrandeの現金危機がそれらをポケットから取り残した後、借金の返済を停止するという手紙をオンラインで配布しました。
「私たちはすべてのローンと延滞金の支払いを停止し、クレジットや商業請求書の支払い要求を拒否するよう同僚に助言することに決めました」と、グループは開発者の湖北省事務所に送られた7月15日付の手紙で述べた。 「Evergrandeは、サプライチェーン危機の連鎖反応のために、その後に続くいかなる結果についても責任を負うべきです。
ブルームバーグがそう知覚的に述べているように、「支払い抗議は、中国の未完成住宅の住宅ローンをボイコットする住宅購入者の動きが、経済の他の部門に影響を与えるために広がっていることを示す最新の兆候です。
なぜなら、中国で起こっていることは、世界的な信用機構が停止した2020年3月に起こったことよりもはるかに悪いからです。 権威主義的で、レブロンが愛する独裁政権は、何百万人もの人々が、中国の60兆ドルの金融システム全体を瞬時に打倒しかねない、体系的なボイコットを呼びかけるのを阻止している。
それはとても悪いことです、ブルームバーグでさえこの特定の豚に口紅を塗ろうとすることをあきらめました:
この展開は、習近平政権が国の財産危機が深まるにつれて誰を救済すべきかに取り組んでいるため、ジレンマを強調しています。 一部の借り手の救済は、他の大勢の借り手による未払いの脅威を促す可能性があります。支援の要求に屈することは国家財政に負担をかける可能性があるが、それらを無視すると、ますます多くの借り手が義務の履行を拒否するため、債務不履行のスパイラルにつながる可能性がある。
景徳鎮のエバーグランデ開発の停滞で6月下旬に始まった住宅ローンストライキは、約91都市で少なくとも301のプロジェクトに急速に成長しました。 抗議行動は同国の不動産の苦境を悪化させ、景気減速の中で市場を復活させようとする試みを頓挫させる恐れがある。いくつかの見積もりによると、何百万もの住宅ローンが現在関与しています。
月曜日、我々は、北京に対する措置を取るよう圧力が高まるにつれて、当局は銀行にプロジェクトの完了を支援するために建設業者への融資を増やすよう促し、住宅所有者に支払いの猶予期間を与えることも検討していると報告した。
住宅購入者が住宅ローンの支払いを拒否したのは、中国でアパートを建てる前に売るという広範な慣行に由来しています。 この慣行は、過剰レバレッジの中国の開発者が破産の波に襲われ、資金が枯渇し、建設がますます多くのプロジェクトで停止するにつれて、債務返済の危機モードにあったため、昨年崩壊しました。
中国の銀行は、住宅ローンの未払いによるリスクは制御可能であると主張しており、これまでのところ、リスクのある信用はわずか21億元(3億1100万ドル)しか開示していない。GF Securities Co.は、ボイコットによって2兆元もの住宅ローンが影響を受ける可能性があると予想している。それは何百万もの住宅ローンです。
全体として、中国の銀行は、38兆元の住宅ローン残高と、同国の困窮した開発者への13兆元の融資を受けている。

こりゃそろそろ中共の破綻が起こり次にアメリカ株式会社が破綻し次に日本の金融機関も軒並み倒産
というような状況になってきつつあるのではないか。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか