米中間選挙の結果

「マスコミは大喜びだが」

昨日の新聞は、アメリカ中間選挙の結果を受けて、
「トランプ共和 下院敗北
民主8年ぶり奪還 上院とねじれ政権打撃」
とか、
「分断への怒り熱狂しのぐ 保守牙城で民主善戦」
「トランプ氏打倒へ候補者20人超浮上 左派や富豪、女性も多彩」
「ピンクの波大きなうねり 女性議員過去最多に」
などの見出しで、
民主党の下院での勝利に熱狂的な賞賛の声。
国際金融資本・軍産複合体の体制は盤石だと胸をなでおろし、
トランプの悪役ぶりをひたすら演出しておりました。

ƒoƒbƒgƒ}ƒ“ƒVƒŠ[ƒY‚É“oê‚·‚鈫–ðuƒWƒ‡[ƒJ[v‚̃ƒCƒN‚ð‚µ‚½ƒgƒ‰ƒ“ƒvŽ‚ªƒJ[ƒh‚ðŒf‚°‚éBƒLƒ“ƒO‚̓zƒƒCƒgƒnƒEƒX‚́u•–‹v‚Æ‚³‚ê‚éƒoƒmƒ“ŽAƒNƒC[ƒ“‚́u‘ã‘Ö“IŽ–ŽÀv‚Æ‚¢‚¤Œ¾—t‚ðŽg‚Á‚½ƒRƒ“ƒEƒFƒC‘哝—̌ږâAƒWƒƒƒbƒN‚́A–XŽq‚ƃƒKƒl‚ð‚‚¯‚Ä‚¢‚Ä•ª‚©‚è‚É‚­‚¢‚ªAA”C‰‰à‚ð‹N‘‚µ‚½ƒ~ƒ‰[ŽŸÈ•â²Š¯‚©‚i‚‚‚@‚l‚‚‰‚@‚o‚‰‚Ž‚”‚ŽAƒ|ƒ‹ƒgƒKƒ‹u‚d‚˜‚‚’‚…‚“‚“‚v

確かに、
「 下院過半数を民主党に奪回されたことで、今後の政権運営の困難は飛躍的に高まる。
大統領提案を議会で決定することが極めて難しくなる。
また、下院がトランプ大統領に対する弾劾裁判の開始を決定するリスクが高まる」
わけですが、共和党は上院議席数を大幅増。
「大統領弾劾は上院の3分の2以上の賛成がなければ成立しない。
したがって、大統領弾劾裁判の始動が下院によって決議される可能性はあるが、大統領弾劾が成立する可能性は極めて低いと言える」
また、
「大統領指名人事の承認権は上院にあるため、トランプ大統領がとりわけ重視したのは上院における共和党過半数維持であった。
この点に関しては、期待以上の結果を得たということになる」
と言う植草一秀氏が正解でしょう。
「トランプ大統領は、思想・哲学としては明確にリバタリアンの系譜に沿う主張を展開しており、福祉国家ではなく自助・自立=小さな政府、自己防衛権尊重を重視する立場を鮮明にしている」
「同時に、ワシントンを拠点とするエスタブリッシュメント、職業政治家の手から米国政治を取り戻すことを主張し、この主張に多くの白人系米国人が賛同している」
「現在の基本路線を維持する場合、2020年の大統領選でトランプ氏が再選を果たすことは十分に考えられる」
と考えられるわけです。

この中間選挙、そもそも、
「トランプが中間選挙によって激しく不利になることはない。民主党は、トランプ当選以来の2年間、トランプを阻止し無力化することを主な戦略としており、民主党としての能動的な新たな戦略を打ち出せていない。トランプ主義と、民主党の独自の主義主張との戦いでなく、トランプ主義と、アンチトランプ主義との戦いになっている。中間選挙は、トランプがアンチに勝つのか、それともトランプとアンチとの戦いがまだ続くのか、という2つの方向性の間の分岐点になる。上院は、共和党が多数派を維持する。下院の多数派は大接戦で、民主党が奪還するとトランプがやや不利になるが・・・」
というものだったのですから、 
下院での民主勝利などさほどのことはない。
地方選でも30ヶ所で共和党の勝利なわけですから、
トランプの既定路線が大きく変わることはないと考えられます。
アメリカの巨大メディア=ディープステートの口汚いフェイクニュースや、
できそこないのパイプ爆弾送りつけなどで勝った民主ですが、
アメリカ国民の中核はラストベルトの困窮した白人たちなのですから。
市場はそれが分かっているから株価も大幅上昇しているではないか。
CNNと激しいやり取りをするトランプは生放送
だが、
お前たちの首相は官僚の原稿を読むだけなんだぞ、
それも振り仮名がないと時々間違えて・・・。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA