ファシズム前夜

「現実と非現実との混乱を起こしそう」

このところ電話相談が多く、
それも病気の相談だとまだいいのですが、
運命鑑定だとか進路の問題だとか何かの選択などになると、
質問そのものがかなりスピリチュアルになり、
結構ややこしい形になるケースが多くなります。
ただ私としては、
現在のわが国の状況が最悪に近いぐらい悪いという考えにたち、
事実関係として食糧安保だめ、
放射能汚染はとどまるところを知らず、
そんな中で何とかベターな判断を示そうと思のですが、
事実関係というものを認めない人々が連続することがあると、
何とも言えない敗北感というか無力感というものに苛まれることがあります。
戦前もこんな感じでファシズムが進行していったのではないでしょうか。

先週の横浜の女性がやはりそういう方で、
まぁ、私共のニュースレターが毎月行っているのですから、
少しは危機感があるのかと思いきや、全くのお花畑状態。
そして、そのあとN県にお住まいの方といろいろお話しする中で、
数日前の 0.10μ㏜/hに迫る高線量のお話しをしたり、
12月8日のセミナーの時実測した八重洲通の、
0.07~0.09という線量を引き合いに出して、
「首都圏はもう駄目だと思います」と話したら、
「エ―、ほんとですか?
0.07を超えたらYES/NOができないなんて本当ですか?」
とのこと。
YES/NOの精度を何らかの客観的基準で検証しているわけではなく、
日常の中の遊びで使っていらっしゃる状態なので深刻ではない。
また、こちらから送った「新・放射能の防御」の内容は、
全く頭に入っていない状態なのだとわかりました。

こうしたケースが連続すると、私など、
自分の考えている世界が真実なのか、
ひょっとしてこうした方々の考えていることの方が現実に近いのか、
正直言ってちょっと不明りょうになるようなことも時々あるわけです。
まあ、放射能に色がついているわけではないし、
見えないものですから考えようによっては「ない」とも言えるわけです。
で、上記の二人に共通するのは非常にスピリチュアルなところで、
お二人とも「見える人」が身近にいて、
いろいろ相談したり占ってもらったりしているという点。
横浜の方は京都の坊さん、N県の方は陰陽師。
私などは二番せんじであり、
まずは見える人たちの云う事が優先順位のトップに来ている。
まぁ、言いいたくはないのですが、
そうした人たちは果たして現今の汚染の影響は受けないとでも言うのでしょうか。
「めまいとか白日夢を見ているような感じに陥る」
というのが私の率直な感想ですが、
翌朝もう一度調べてみるとこの人たちは御用メディアしか見ていない、
ということが分かり「自分は正気なんだ」と思い直すわけです。
落ち着いてよく考えてみると、
50代とか 60代・70代のお客ばかりで、
インターネットからの情報はシャットアウトしている人がほとんど。
例えば、今月のイントロダクションに婦人科系の病気を取り上げたのですが、
全く女性から反応がなかったというのは、
「もうすでに上がっちゃった」人たちばかりだということ。
なのでこれからは年代を若返らせ、妄想から科学へ変えていかないとダメ
というわけでしょう。
来年「エネルギー医学」の本を出したら、
少し客質を上げるための広告宣伝を始めるか、
ゆでガエルのこの国から周辺国にシフトしていくか決めるつもりです。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA