髪がバサバサ抜ける

「様々な要因+放射能」

今月は電話相談のキャンペーンを行っていて、
いろいろな件が寄せられましたが、
昨日は佐賀県の女性からの相談が。
何でも六月に車に追突されてむち打ちになり、
頭痛や首肩の凝りさらに腰痛やひじ痛が続いたとのこと。
最初はめまい吐き気もあったが最近は治まってきたとの事。
それも問題ではあるのですが、
それよりも何よりも大きいのは、
八月初めから髪が異常に抜け初めて止まらないとのこと。
で、全身のエネルギー的診断をしてみると、
放射線障害の所見と胃袋の上の違和感が。
この違和感食道か胃袋かはたまた心臓かと思って、
詳しく見てみると心臓であるという結果が。
ご本人に何らかの兆候がなかったかお聞きすると、
このかた保育士さんをなさっているとのことなのですが、
二月頃からマスクをして仕事をして居る時、
時々息苦しくなることがあったとのことで図星でした。

それでまず年齢が60歳ということで、
ホルモンや自律神経系が転機を迎える年齢となり、
そこに交通事故に伴うストレスがいろいろ出てきた。
そうした微妙な年齢とともに、
心臓の違和感というのは初めて聞くことだと思いますが、
佐賀県は玄海原発の再稼働の後から、
様々なβ線による障害が出ているのではないかと申しあげました。
九州の放射能レベルは、
γ線に関してはさほどでもないが、
再稼働を始めた玄海・薩摩川内さらに対岸の伊方からも、
原発の排煙に含まれるβ線が広範にまき散らされていると指摘。
そうした様々な要因が一挙に集中して、
脱毛につながったのではないかと申しあげました。

それと、シャンプーや石鹸にはこだわって高額なものをお使いになっている、
との話しだったのですが、
一般的にわが国の医薬部外品の場合、
100種類を超えるグレーゾーンの表示指定成分、
というものが添加されており、
合成界面活性剤をはじめとするこれら添加物が非常に良くないので、
できれば重曹浴に切り替えてもらうようお願いしました。
それと放射能対策としてはとりあえず、
呼吸による内部被ばくを避けるため N 95タイプのマスクを使うこと、
また水は北海道か沖縄のミネラルウオーターに切り替えること、
を提案させてもらいました。
日本政府はこれらについて国民に注意喚起をしないのですが、
それは宗主国である米国の属国であることや、
同じ金融資本の胴元である中国共産党やコミンテルン、
の勢力が背後にいるため、
日本政府などは主体性のない植民地の司令部といってよい状態
と申しあげました。
複雑な問題が一挙に出てきたわけで、
かなりとまどうかと思いきやよく話しについてきてくれた、
と思われるのはやはり毎月の NEWSが届いているからだと思われました。
頼りにならない政府をいただく国民は悲惨
ですが、
これを機会に考え方を一掃してもらえるのではないでしょうか。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA