静脈瘤という診断

「危機一髪セーフ」

2日の月曜日は、
前の日に車で遠出をした関係でトレードを休み、
朝月初めの雑務をしていた時、
会員の男性Yさんから電話が。
なんでも、
「3・4日前からふくらはぎの違和感と歩行時の痛みがあり、
休んでる時はともかく、立ち上がって歩く時固くなって足が動かない」
とのこと。
救急車を呼ぼうかとも思っているのだが、
その前に見てもらってどうにかなんないかと思って電話したとのこと。

(http://ふくらはぎ.xyz/80/)

そこで至急状態を見てみると、
全身的には腹部正中線・背部正中線の下半分の違和感、
大腸の違和感があり、
患部はエネルギー状態が低くてはっきりしない状態。
手で触って感覚があると言うので坐骨神経の問題ではないと思ったのですが、
腹部及び背部正中線の違和感があるので、
静脈瘤か脊柱管狭窄+末梢神経の問題か或いはその他の問題か、
を三択で視たのですが、
遠出の翌日で結果は1対1対1に割れてしまいました。

(http://www.kekkangeka.com/kashi/index.html)

それで、とりあえず現代医学で診てもらった方が良いと言ったのですが、
夕方電話があって、静脈瘤という診断で、
行ったその日に入院ということになったそうです。
外科的処置はないとのことでしたので、
まぁ、エネルギー的対処は後からでも良いということにしました。
やはり50代後半位から様々な不調が出てくるようですので、
肉体の管理、エネルギー体の訓練、食養生などやる必要
と思われます。
半島有事、 国家のカルト化など今後の厳しい状況では、
否応なくこうしたことが必要になってくると思います。
また天災もひょっとしてその頃起きることも充分予想されますので・・・。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA