食と甘味料、ポカリと減塩

「アスパルテームは悪いぞよ」

昨日はこないだゆった北九州の 70代女性との電話相談。
何でも歯肉炎と歯のぐらつきがひどく、
また胃のもたれと胸やけがあり、
あと、足腰と足先のしびれがあり、
ふらつきとめまいがあるとのこと。
しびれは、低ナトリウム血症だから、
ポカリスウェットを飲むように言われて飲んでいるとのこと。
さらにアンギオテンシン阻害剤ともう一種類の降圧剤は、
ここ10年ぐらい飲み続けているとのこと。
そのほか夫が短気で怒りっぽくて、
抗不安薬と睡眠薬も常用しているとのこと。

で、エネルギー的に診断してみると、
右半身に気が過剰で左半身は気が薄く、
後頭部の中心 =視床下部下垂体のあたりも気が薄い。
それで、気が薄い左半身で左胸部だけに違和感があるので、
心臓が相当に悪くなっている感じ。
放射能の影響が見て取れるのですが、
これについては第3段階の話。
覚えている範囲の最高血圧は 160ぐらいということなので、
上記2種類の降圧剤は徐々にやめてもらうつもりですが、
それが第二段階の話。
第1段階としては食生活を大幅に改善しなければならない。
そのポイントは人工甘味料をやめてもらうことが一つ、
ポカリスウェットももちろんストップ。
そのほか、最大の眼目は歯に関して砂糖をやめてもらうこと、
それと塩分制限をしないよう申し上げました。
それから食事の内容を聞く限り海草が足りないのと、
牛乳が悪いのでその旨も。

電話相談は以前よくやっていたのですが、
今回は本当に久しぶりでやや耳が遠くなったことと、
年齢が 78歳ということで時間が経過したことを感じました。
まぁ、これから当Scienceの申し上げることを、
段階的に実行していただけば良くなるわけですが、
体力もだいぶ落ちているのようなのであまり急ぐわけにもいかない。
まずは最低限度の食生活の改善と、
めまいふらつきの改善のためにウオーキングを開始するところから。
これで先ず2・3週間やってもらい、
そのあともう一度拝見することにしました。
苦笑してしまったのは、
人工甘味料のパルスイートはやめたけれども、
別の商標のアスパルテームを使っていたこと。
アスパルテームに関しては学者の間でも議論が分かれるのですが、
YES/NOで見てみると2:1で危険とのこと。
実は甘いものが欲しくなるのは食生活が異常
だという兆候。
私など全く砂糖・ハチミツ・甘い果物などとらないので、
素材の甘さがよくわかる。
例えば入れたてのお茶やコーヒーは甘いと感じるのです。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA