高齢者もなかなか努力する

「良くがんばったで賞」

十月から電話相談を 2回ほどやった高齢女性の、
昨日は 3回目の相談。
今回は歯と歯茎の問題が一番で、
2番目がおそらく坐骨神経痛に伴う症状と、
今までほとんど動かなかったのが急にウオーキングを初めて、
股関節が腰骨のあたりまた背中のあたりもいたいとのこと。
あとは不整脈が時々出てビソノテープを張るとか、
ご主人が怒りっぽいので精神的に不安定になるなどの事。

このうち、歯については先月以来、
砂糖や人工甘味料は一切やめたということ。
また、ACE阻害薬などの降圧剤も全く飲まず、
血圧は 150から 170ぐらいで安定しているとのこと。
もちろん減塩も同時にやめたのです。
まぁ、まだまだ体力がつかないでいるのですが、
大筋のところでは方向性が見えてきたようです。
「だいぶ頑張りましたね」というと、
うれしそうに「ハイ頑張りました」とのこと。
ご本人も医者のおもちゃにされていることに、
ふがいなさを感じていたのでしょう。

で、今回の課題は歯の治療のために糖質制限をすることであり、
白米ご飯にして 1んち三杯までにすること。
BMIが 17.0とやせ形なのですが、
筋肉がないのでほとんどは脂肪組織で置換されてる。
糖質制限をしながら =たんぱく質などはとってもいいので、
しばらくウオーキングなどを続けていくと筋組織で置き換えられ、
その後は食事を増やしてもさほど脂肪にはならない体になる。
ゆくゆく温泉に行ったり鍼灸マッサージをやったりすれば、
来年の春先にはすごく健康になるかも
しれません。
ま、そういう意味ではいいのですが、
このつぎ放射能の件を話すかどうか考えないと。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA