北九州の70代女性

「一から十まで改善しないと」

昨日の夕方、北九州に住む 70代の女性から電話が。
何でもここ何日か歯茎が腫れて痛くて痛くて、
お粥を啜りながらら何とかやっているが、
何かいい方法はないかとのこと。
で、歯磨き粉は当Scienceで買ったものが味が辛いので、
子供用のもの使っている。
事務の者「子供用であっても大手メーカーのものは、
表示指定成分など有害成分は同じで、
色をつけたり甘くしてある分さらに良くない。」
それと、手足のしびれがあるので医者から、
ポカリスウェットを飲めと言われて飲んでいるのだが、
これはいいのかとのこと。
事務の者が成分を見ながら、
「ポカリスウェットは、砂糖(国内製造)、果糖ぶどう糖液糖、果汁、食塩/酸味料、香料、塩化K、乳酸Ca、調味料(アミノ酸)、塩化Mg、酸化防止剤(ビタミンC)なんていうものが入っているのでよくないと思います。
なぜ水じゃなくてポカリスウェットなんでしょうか?」
すると、しびれはミネラルが足りないからだということで、
飲むように言われたとのこと。

あんまり長々と話しているので時々割って入り、
以前頻繁に電話相談をやっていたのですが、
あまりにもこちらの言うことが分からないようなので、
打ち切ったという経過があった方なのです。
たしかこの人骨粗しょう症でカルシウムを飲んでいるのでは、
と聞くとそうだとのこと。
それと心臓がバクバクするので確か降圧剤をのんでいるのでは、
と聞くとやはりその通り。
あと、砂糖に変えてパルスイートを使っている、
という話もあったので、
とにかく食生活や生活習慣がむちゃくちゃ。
それで事務の者に言って、
一回総合的な診断をした方がいいと伝えました。
歯や歯茎が悪いということは、
よく言われるように様々な病気の前駆症状であり、
リューマチだのの場合は大抵歯にきてるし、
砂糖とか糖質についての考えを改めてもらわないといけないからです。

だいぶん長々と話して、
まず電話相談の料金を振り込んでから日時を決める、
というところまで来ました。
実はこの方、同年代のご主人がかなりの頑固者で、
ちょっと気にいらないことがあるとものすごく怒られる、
ことがトラウマになっており、
当Scienceからのニュースレターなども止めてくれということで、
ここ 2・3年の新しい情報がほとんど行っていない。
その間こちらは劇的に変わっているので、
そういった情報が一切届いていないし、
放射能についての情報なども全く入っていない。
願わくば放射能の影響などないように
と思ったのですが、
すぐ先の山口県山口市が0.11μ㏜/hとわが会津よりもはるかに高いので、
また再稼働を始めた四国の伊方からのβ線もあるだろうし、
診てみないと何とも言えないという状況です。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA