DSも詰んできた

「政治も経済もワクチンも」

田中宇氏の「市民虐殺の濡れ衣をかけられるロシア」から、
ウクライナにおける西側のプロパガンダが見事に覆される事が分かる。
珍しく極右民兵団の1つの部隊が発表した、
迫真の動画なども入って信憑性がメチャ高い。

DS もそろそろ積んできたと思われるのは、
まず米国の政治においてバイデンがすでに外されつつあるという報道。
役に立たなかった役者はこんな感じで捨てられるというわけです
何日か前にマイクアダムスが、
「ディープステートはそれ自体の存続にこだわる場合、
バイデン政府自体を取り除く決意をしたものと思われる」、
と言っておりましたがカウントダウンが始まったと言うことです。

次は西側の経済制裁のためにルーブルが一時急落したものの、
プーチンがルーブルをゴールドに結合=金本位制にしたために、
ルーブルは強くなり続けそのぶんただの紙でしかないドルが弱くなる、
という現象がもう止まらないとのこと。
石油取引も何も全てドルから離れつつあり、
6月末にはドルの終わりへの兆候が明確になるとのこと。

こうして欧米の凋落が明らかに認識されていくわけですが、
その過程で大きな役目を果たすのが防腐処理業者たちとなる。
ジェーン・ルビー博士の、
「ワクチン死した人々の静脈大動脈ちゅうの白い奇妙な血栓」
についての話を以前から何回もお話ししていますが、
この防腐処理業者等の証言が集積されてくれば、
ワクチン中のヒドラの存在が確定してくるものと考えられる。
こうなったら世界の接種済み者が騒ぎ始め、
もう止まらなくなるのではと考えられる。
タイミング的には独立記念日前くらいでしょうか、
日本の爺ヒドラ婆ヒドラさらに親ヒドラ子ヒドラたちが仰天する
のは確実と考えられます。

 

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか