毛虫皮膚炎

「初動に失敗」

4・5日前、事務の者が、
腕の上部から下の方にかけてカイカイになり、
すごく痛がゆくてどんどん広がっていく。
ムヒが手元にあったのでつけたらしいのですが、
全く収まらずに腫れてくるし水ぶくれはできるしすごいことに。
インターネットで見て、
「これじゃないか」と言われたのが毛虫皮膚炎。
見てみるとなるほどそれに似ている。
どうやら、2階の住人がいなくなったので、
休みの日に一階から 3階の階段室を掃除したらしいのですが、
その時腕をむき出しにしてやったので、
窓や何かについていた埃のなかに、
毛虫の針がたくさん含まれていたことが原因のよう。

それにしてもすごかったのですが、
問題は翌日翌々日になって、
体のあちこちが痛くなったり、
熱が出たりという全身症状が出てきたこと。
で、よく話しをきいてみると、
毛虫に刺されたのは初めてではなくて、
今回で 2回目であるとのこと。
結局、軽いアナフィラキシ―ショックをおこしたわけです。
「病院へ行くか」と訊いたら「行かない」というので、
それで、一昨日の夕方、それを治療するパワーを送りました。

「視床下部下垂体にパワーが入り、
視床下部の神経分泌が活発になり、
下垂体前葉 ACTHの分泌がおう盛になり、
副腎皮質から副腎皮質ホルモンが大量に分泌され、
患部をはじめ全身をくまなく巡って炎症を収め、
血管内凝固も防止され、
アナフィラキシ―ショックが治まる」
とイメージしました。すると・・・、
翌朝には熱も平熱になり、
患部の水泡もおさまり始め、
体の痛みや全身症状もだいぶ軽くなったとのこと。
身近な人間には紺屋の白袴になってしまいがち
な私たちですが、
最初は暑さのせいかと思ってばかにしたり、
虫さされぐらいで大騒ぎするなと言ってみたり、
今回は本当に初動に失敗してしまいました。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA