大橋眞さんのYouTube禍

「いくらやっても業績は潰せない」

徳島大学名誉教授の大橋眞名誉教授のYouTubeが、
2・3日前からBANされて見れなくなってしまっている。
YouTube や Google と言った連中もかなり焦っているようですが、
そのうち別のプラットフォームで再登場してくれるでしょうから、
それまで少し不自由です代替のもので我慢するしかないかと思われます。
それにしても氏の動画は今回のコロナ騒動で、
PCR の不確定性と言うか感染症の診断には適していないということと、
新型コロナは紙の上でデザインされたウィルスであるということの2点において、
何回も何回も繰り返し私たちに示してくれて本当にすごい人だった。
その間先生も何冊かの本を出版したり、
様々な会合や団体に招かれたりして活動して来られたわけですが、
既存の大学教授だとか専門家だとかに比べると誹謗中傷のターゲットになったわけで、
古巣の徳島大学からも冷たい仕打ちを受けていたことは誰もが知っている。
それにめげずに一貫して理論的な立場を守られたこと、
本当に頭が下がる思いがします。

まあ私たちは第三者を納得させるために現在、
「新型コロナは実体がないかあるいはあったとしても風邪のウィルス程度のもの」
ということで定義しているわけですが、
最近の論調を見てみると特にデルタ株などが出てきたことに関して、
これがワクチンの有害事象を隠蔽するためのものとストレートに考えず、
本来ターゲットにすべきだった最初の株が変異して=耐性ができ、
ワクチンが効かなくなってしまった新たな事象という見方をする人々も出てきた。
またワクチン接種者からのエクソソームにより、
未接種者が病気になてしまう場合なども区別できなくなっていく。
様々な考え方の人々をまとめていくための方便としてはいいのですが、
こうした曖昧な考えを推し進めていくと、
やはりいつまでたってもワクチンに依存することから抜け出せないのではないか、
ということも危惧されるわけです。

ひところアメリカで言われた「武漢ウィルス」などというのも、
非科学的なあるいは米中衝突を利用した非常に政治的な説だ、
という風に考えてきたわけですが、
それもひとえに大橋先生の説で固めてきた成果だと考えて良いと思います。
この件に関して大橋先生が言うには、
「人工ウィルスというのは必ず切り貼りしたあとが残ってしまうので、
そんな姑息なことをしてまで最先端の連中はやらない」
ということだったわけです。
まあいずれにしても ここまで有名になった先生を、
DS としても潰すわけにもいかないし言論封殺もいつまでもできない。
すでに先生の提起した訴訟で若い世代がどんどん支援に入ってきている
現場ですので、
日本国家だけが世界から孤立してどうのこうのできるわけでもない、
ということが言える状況です。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか