地震調査委の警鐘

「ほんとかいな」

昨日の新聞によれば、
「M7以上 90%超地点も 東北―関東に警鐘
日本海溝沿い 30年以内の大地震」という見出しで、
政府の地震調査委員会なるものが予測を公表したとのこと。
確率90パーセント以上の場所もあり、
東日本大震災と同じ場所で M 9程度の超巨大地震が起きるのはほぼゼロ%だが、隣接する場所で起きる可能性は否定できないとのこと。
まぁ、しかし、
専門家がうじゃうじゃ集まってこんな程度しか言えないのか。
結局、東日本が想定外の M9だったので、
大震災後にそれまでの予測を大幅に上方修正しただけと考えられる。

大体、角田史雄氏の熱移送説の本を読むと、
プレートテクトニクス理論ではもう地震の説明は無理とのこと。
この30年間プレート理論通りに地震が起きてくれないとのことです。
地震の予知事業にはかなりの研究費が投入されるため、
このまま結果を出さなければ、存在意義にかかわってくる。
予算も下りなくなってしまうので研究者たちは、
常に危機をあおる方向に行くのだということです。
で、氏の実地踏査による研究で、
南関東が危険地域から外されたため今回のような予測になっている。
まぁ、彼らも本気で信じているわけではないので、
もしこれがほんとなら福島第一のケースを考えれば、
自分たちが日本から脱出しなければならない事態のはずです。

最近は NHKだって、
プレートテクトニクスに基づく説明は減ってきているし、
こないだ鳩山が言っていたように、
地下への炭酸ガス埋設の方がホットな話題になりつつある。
結局、彼らに予測は不可能で、
地震予知は超能力で行うしかない
といえます。ただその超能力も、
見える・聞こえるという松○照子だの、
美輪明宏と一緒にやってる○原何某だのでは無理があるのではないか。
なぜなら彼らが本当に未来を予知できるなら、
金融で巨万の富を築いているはずだからです。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA