最果ての崩壊

「母性が失われている」

昨日は北海道の43歳男性よりの電話相談。
過去に何回か行っているのですが、
統合失調症で暴力的ではないものの、
幻覚や幻聴がひどくて本人もほとほと困っている状態。
で、ドパミン・セロトニンの分泌調節薬を3種類、
睡眠薬が1種類、
それに、副作用としての便秘と胃の薬が2種類。

(http://jiritusinkei.net/about/%E8%87%AA%E5%BE%8B%E7%A5%9E%E7%B5%8C%E5%A4%B1%E8%AA%BF%E7%97%87%E3%81%AB%E5%B9%BB%E8%A6%9A%E3%82%84%E5%B9%BB%E8%81%B4%E3%81%AE%E7%97%87%E7%8A%B6%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%84/)

「根本的にどうやったら治るのでしょうか」という質問なので、
(1)薬をやめること
(2)体操やウォーキング等をやること(仕事もしていないし運動もなし)
(3)添加物を除去すること
(4)その他
の四つを見てみたところ、全て有効という結果が。
その旨お話しして、
その後添加物の状態を見るため今日のお昼、今日の朝、昨日の夜、
それぞれの食事を聞くと、
今日は食べていない、
昨日の夜は缶詰のフルーツポンチと黄桃+ご飯+味付け海苔とのこと。
「お母さんが作ってくれる」というのですが、
それにしてはずいぶんお粗末な内容(体重は80㎏)。

(http://mahoroba19.com/archives/8730)

そのお母さん、67歳であちこち出歩き、
カラオケだの飲み屋だので夜は遅くまで帰ってこない。
お父さんも統合失調症で数年前亡くなり(霊的感受性は遺伝する)、
生活はその遺族年金と本人の障害年金でやっているとのこと。
ご本人は治したいのに親の協力がない
という状態なので、
親子で話し合いが必要なのではないかと申し上げました。
ちなみに、統合失調症は霊障が第一の原因なのですが、
これについてはかなり対処しており、
現在の状態は本人のエネルギー体が薄く、
ちょっとしたことで憑依現象が起き、
結果的に幻覚幻聴が絶えないのだと思われる。
健康状態が良くないとそうした傾向が加速されるので、
「まず食事からきちんとしましょう」とお話しするのが精一杯でした。

(https://mengym.net/trouble/11240)

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA