脳出血からの生還

「あとはカロリーの補給」

先週の末に、
以前から小脳出血で治療していた千葉県の男性の電話相談を行いました。
9月1日が初回で、
10月1日に2回目をやった時は、
まだ良くなる兆しが見えなかったのですが、
今回は会話もだいぶ可能となり、
表情が出てきたり精神状態が改善に向かったりとのことで、
手足を拘束されていたのが取れ、
トイレはまだまだだが、感覚は出てきているとのこと。

エネルギー的に見ても大分はっきりしてきて、
右側頭部の違和感、
腹部正中線と背部正中線の違和感、
それに十二指腸と大腸の部分に違和感が感じられる。
ただそれもさほど強いものではなく、
頭部の中心=視床下部下垂体の辺りに違和感が出てきたので、
ホルモンや自律神経の機能が正常化に向かう段階に入ってきたと思われました。

ただ問題は食事で、
今のところ鼻からチューブを入れて流動食という感じなので、
カロリーそのものが十分でないということで、
医師からは胃瘻を勧められているとのこと。
相談者のお姉さんとしてはあまりやりたくない処置らしいのですが、
Yes No で見たところ2対1でやるべきとの結果が。
栄養がアップしていけば年内には大方の見通しがつく
のではないかと思われます。
最初に「治る」 という結果が出たのですが、
期間が「 1年以上」というのは結構長い期間で、
この先どうなるかと思ったのですが、
意外と早く決着がついてきたようです。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA