愛知も放射能がひどい

「予想通りの事態」

昨日は、愛知県の女性との電話相談でしたが、
1か月前に血尿が出て検査した結果、
膀胱がんと診断されたとのこと。
そのほかの内科的な症状が出ていないということで、
エネルギー的に診断してみると、
気が右半身に過剰で左半身には薄い状態。
それと腹部正中線及び背部正中線のエネルギー状態が低く、
後頭部の視床下部下垂体のあたりも低い状態。
これは脳こうそく心筋梗塞までは行かないのですが、
その前の脳血管心臓血管障害の兆候であり、
このところの例を見る限り、放射能の影響が考えられる。

必要なパワーをすべて送った後、
YES/NOで放射能の影響があるか否かを見たところ、
2対1で影響ありという結果が。
そこで、愛知県の放射能に関する状況をお伝えし、
モニタリングポストが少なすぎるのだが、
ここ最近名古屋にしろ岡崎にしろγ線で0.08μ㏜/hであることから、
この方がお住まいのエリアも相当高くなっている、
と予測される旨をお話ししました。
前回拝見した時には放射能の影響なしということだったのですが、
今回はやはり福島第一の放出量が倍加していることが原因。
放射能や重曹のパンフレットをよく読んでいただき、
内部被ばくをしないように注意すべきとお話ししました。

もちろんがんの原因は放射能だけでなく、
食品や医薬部外品の添加物をはじめ、
農薬や化学肥料、汚染畜産物、さらに遺伝子組み換え作物のほか、
様々な生活習慣も関連しているのですが、
現今では一番問題にすべきが放射能と考えられ、
その他の原因は放射能をクリアしてからのデータとして評価すべき。
以前から静岡あたりはもちろん、
大阪から瀬戸内海各地にも同様な所見が見られたのですが、
愛知でこのような結果が得られたのもちょっとショックでした。
とにかく原発はすべて停止、福島第一は石棺、その他も核燃料封じ込め
をしないとこの国の未来はない。
広く国民がこのことを認識しないと、
非常に危険な段階に入りつつあると思われます。
特に中部以西の人々は放射能に能天気なので注意が必要です。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA