震源が東へ移動している

「宮崎は全然・・・」

昨夕、宮崎のKさんからお電話があり、
地震の様子をお聞きしたところ、
「宮崎市は全然影響なし、延岡ではやや被害が」
というお話しでした。
よかった―、と思っていると、
夜のニュースで、
20時42分ごろ阿蘇地方で強い地震、
震度5強=熊本県阿蘇市・産山村、大分県竹田市
震度5弱 =熊本県熊本高森町
深さ 10km、マグニチュード 5.8とのこと。

やはり中央構造線沿いに震源が東へ移動しているようです。
因みに、Hi-net自動処理震源マップには、
今回初めて、徳島・和歌山にプロットが出現(午前5時現在)。
KINKI_MAP

事態は予断を許さない状況ですが、
それにしても、気象庁や政府は一体何を考えているのか、
東日本の時か、それよりも悪い感じです。
この緊急事態に、どうでもいい法案の審議をしたり、
NHKは中央構造線の先にある川内を隠したり、
何の根拠もない原発の安全宣言をしたり・・・。

不幸中の幸いは、伊方が休止中であることくらいですが、
気になるのは、四国の方々の危機感が薄いこと。
すぐ思い浮かぶ五指に余る方々のうち、
お問合せをいただいたのはお一人だけでした。
阿蘇市では、地鳴りの情報が寄せられて避難指示が出たというのに・・・。

この国は、こうして
内側からも外側からも壊れていく
のでしょうか。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA