北海道での滝行一日目

「球体が待っていてくれた」

9月11日羽田を発ち、
旭川空港から滝川市に宿泊。
翌日から2日にわたり、
雨竜沼湿原の登山道にある白竜の滝で滝行を行いました。
台風の影響を心配しましたが、
こちらではほとんど被害なしとのことで、
お天気も上々、本州の雨をよそに晴れ渡っていました。

ゲートパークまで車で行き、
ここで入山届を出して山に向かいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しばらくはなだらかな道が続きますが、
つり橋を渡るとそこから山道。
ゲートパークから約30分で到着。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

谷に降りると、もう球体が出現。
始めて見る古参会員のTさん・Yさんは、
落差50mの膨大な水量と勢いにしばし圧倒された様子。
で、お酒をまく頃には大きな球体が出現し、
この道案内で滝壺まで回っていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

初めて来た去年と比べると、
天気はいいものの、やや風が強く、
風圧と水しぶきで、行衣はもうマリリン・モンロー状態。
足場も悪く、水圧で吹き飛ばされそうになりながら滝を浴びます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

何とか終えて引き上げるころには虹も出て、
無事引き上げてきました。
人間の姿と比べると、いかに大きい滝かが分かりますが、
上に登ろうとする私たちを最後まで見送ってくれる球体も出現。
一年間待っていてくれたのだなー
と思いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA